SE主婦、母になる。

一児の母になったアラサー主婦が、日々の暮らしのことを綴ります。

家にいるほど家事が増える。専業主婦は忙しい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

育休を取っていたときのこと。

 

仕事に行かないので、家でご飯を食べる。

家でご飯を食べるために、台所に立ってご飯を作る。

ご飯を作ると、洗い物が増える。

 

一日中、子どもの面倒を見る。

子どもは家中のものをひっくり返す。

家にいると、片付けないといけないものが増える。

 

 

 

そして、職場復帰した。

 

ご飯を作る暇がないので、休日にまとめて作っておく。

料理の回数が減ったら、洗い物も減った。

 

子どもは保育園で目一杯遊んでくれる分、

家の中をぐちゃぐちゃにする前に寝てくれる。

 

家にいる時間が短くなると、

家事もちょっとだけ少なくなる。ちょっとだけ。

 

 

 

専業主婦は、自由にできる時間が多い。

だけど、やること山積みで、忙しくないわけではなかったし、

気が滅入ることも多かった。

 

兼業主婦は、時間とのにらめっこ。

でも、張り合いがある生活を送れていると思う。

復帰してよかったと思っている。

 

 

専業主婦と兼業主婦、どっちもやって思うこと。

忙しさの種類は違うけれども、

気持ちの面ではどっちも忙しい。

 

 

広告を非表示にする