SE主婦、母になる。

一児の母になったアラサー主婦が、日々の暮らしのことを綴ります。

「まごわやさしい」お役立ち時短食材

このエントリーをはてなブックマークに追加

「まごわやさしい」ってご存知ですか?

これを意識しておくと、バランスの良い献立ができます。 

column.asken.jp

「まごわやさしい」とはこのように健康な食生活に役立つ和の食材の最初の文字を覚えやすく言いあらわしたものです。

  • ⇒豆」
    (納豆・大豆・豆腐・あずき・黒豆・油揚げ・高野豆腐など)
  • ⇒ごま」
    (アーモンド・ごま・ピーナツ・くるみ・栗・ぎんなん・松の実など)
  • ⇒わかめ」
    (ひじき・わかめ・のり・昆布・もずくなど)
  • ⇒野菜」
    (ほうれん草・トマト・白菜・キャベツ・セロリ・もやしなど)
  • ⇒さかな」
    (青魚や鮭など)
  • ⇒しいたけ」
    (まいたけ・マッシュルーム・しいたけ・しめじ・エリンギ・なめこなど)
  • ⇒いも」
    (じゃがいも・さつまいも・里芋・山芋など)

 

この「まごわやさしい」のそれぞれのカテゴリで、
調理の時短に活用できるオススメ食材をご紹介します。

ま(豆)

  • 豆腐:器に出して、薬味を添えるだけで、立派な一品に。
  • 納豆:パックから出して、お皿に盛るだけでOK。
  • 油揚げ:マヨネーズやチーズを乗せて、オーブントースターでこんがりと。

豆腐の上に納豆を乗せるだけでも良いですね。
刻みネギを常備しておくと、見た目がぐっと良くなります。

ご(ごま)

  • すりゴマ:野菜にかけたり、ごま和えに使ったり。
  • ごま油:仕上げに加えるだけで、ワンランクアップ。

「香りは味だ」と言いますし、食欲に繋がります。
ごまドレッシングも楽で良いです。

わ(わかめ)

  • わかめ:味噌汁の具に困ったらワカメ。酢味噌和えも美味しいです。
  • のり:ご飯のおともに。お味噌汁に入れても美味しいです!

日持ちがするので、常備しておきたいですね。

や(野菜)

  • もやし:袋を開けたら、切らずに使えるので楽です。
  • キャベツ:千切って使えるので、包丁とまな板不要です。
  • 冷凍野菜:解凍してドレッシングをかけるだけでも充分。

切るのが大変なカボチャや、あく抜きが必要なほうれん草など、
市販の冷凍野菜が助かります。
冷凍野菜は、国産のものだけ買うようにしています。

モヤシをレンジでチンして、鶏がらスープとごま油で和えれば、簡単ナムルの完成。

さ(魚)

  • ししゃも:並べて焼くだけ。オーブントースターでも調理できます。
  • みりん干し:味付け不要なので、冷凍庫に常備しておくと便利です。

魚の調理は面倒なので、
丸ごと焼くだけでOKな小さめの魚や、味付け済みの切り身、
旨味たっぷりの干物などを活用したいところ。

し(しいたけ)

  • 舞茸:手でほぐせるので、まな板や包丁が要りません。
  • エリンギ:こちらも、手で割けるので、まな板や包丁が要りません。

きのこは、下ごしらえが簡単で、
旨味もたっぷりなので、ぜひ活用したい食材です。

い(いも)

  • ジャガイモ:バターやマヨネーズを添えるだけで、満足の一品に。
  • サツマイモ:低温でじっくり加熱すれば、甘みが増して美味しくなります。

いもは、皮を剥いて、切る作業が面倒です。
ジャガイモやサツマイモなど、皮ごと食べるのが気にならないなら
レンジでチンするだけでいいので調理が簡単です。

こちらもどうぞ。

piyoco-garden.hatenablog.com

 

piyoco-garden.hatenablog.com

 

 

広告を非表示にする