読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SE主婦、母になる。

一児の母になったアラサー主婦が、日々の暮らしのことを綴ります。

ぐずる赤ちゃん。原因は運動不足?!

赤ちゃん
このエントリーをはてなブックマークに追加

おっぱいなしでは眠れない!

1歳を迎えた我が家の赤さん。

お風呂あがりはご機嫌ですが、
部屋を暗くして寝るモードになった途端、
ぐずりモード発動。

一度ぐずり始めると、おっぱいをあげるまで
どでかい声で泣き叫びます。

おっぱいをあげて、なんとか寝たと思ったら、
30分もしないうちに、プギャー!!!

夜中も、2〜3回は目覚め、
おっぱいを飲むまでは泣きわめきます。

1年間続けてきた夜中の授乳も、
だんだん辛く感じるようになってきた今日このごろ。
どうにか出来ないかなーと思っていた矢先のことでした。

とにかく歩く。

日曜日に家族でおでかけ。
芝生の公園にレジャーシートを持っていってピクニック気分。

だんだんと歩くのが上手になってきた赤さんは、
お父さんとお母さんの間で手を繋いでよちよち歩き。
楽しそうに、結構な距離を歩いていました。

それから、大人は代わりばんこに休憩しながら
赤さんの手をひいて、歩く練習。
赤さんは、飽きもせず歩き続けていました。

いつもの10倍くらい歩いたと思います。
「これだけあるけば、今日は ぐっすり寝るんじゃない?」
という手応えを感じました。

その夜・・・

お風呂から上がっても、楽しそうにキャッキャしている赤さん。
いつものように「はらぺこあおむし」を読んであげます。

「はい、おしまい!」と電気を消すと、
パタっとベッドに顔を突っ伏した赤さん。

シーツに顔をスリスリして
「ふにゃ~」と言ったと思ったら・・・
静かに寝息を立て始めたではありませんか!!

寝た!おっぱいなしで!!寝た!!!

泣く余裕もないほど、眠たかったのでしょう。
そしてそのときに分かりました。
「赤さんに足りていないのは、おっぱいではなく運動量なのだ」と。

とにかくおさんぽ!

次の日から、ベビーカーを使うのをやめました。
近くの公園に行くのも歩き、スーパーへのお買い物も歩き。

まずは午前中、日光浴を兼ねてお散歩します。
日の光を浴びると、睡眠ホルモンの「メラトニン」が分泌されて、
ぐっすり眠れるようになるそうです。

お散歩で疲れたのか、
昼ごはんを食べながら、こっくりこっくりし始めます。
でも歯磨きをすると、お目目ぱっちり。

それから少し遊んでいるうちにお昼寝に突入します。

お昼寝も、1時間程度で起こします。
「まだ寝たいのに〜」とご機嫌斜めになってしまうため、
録画してあるアンパンマンに助けを求めます。

その後、おやつを食べて元気モリモリ。

お昼寝によって回復したHPを減らすため、
夕方にもう一度お散歩。
だいたい、近所のスーパーまで歩いていきます。

そんな感じで、とにかくたくさん歩かせます。
「もう無理〜」と、立ち上がらなくなってきたらお散歩終了。

そのくらい歩くと、夜はぐずらずに眠りについてくれます。

最近のタイムテーブル

色々観察しながら時間を調整したところ、
こんな感じで過ごすと、夜ぐっすり眠ってくれます。

7:45〜8:15 朝ごはん
10:30〜11:30 お散歩(午前の部)
12:00〜12:30 昼ごはん
13:30〜14:30 お昼寝
15:00〜15:30 おやつ
16:30〜17:30 お散歩(午後の部)
※お買い物含む。
18:45〜19:15 夜ごはん
19:45〜20:15 お風呂
20:30〜 就寝

お散歩中は、あっちに行ったりこっちに行ったり、
落ちているものを食べようとしたり
疲れてご機嫌ななめになったり・・・と、気が休まりませんが
こんなに一緒にいられるのも今のうちだけ。

復職したら、一緒に過ごす時間はどうしても減ってしまうので
めいっぱい一緒にいたいと思います。

まとめ

日の光を浴びて、風を感じながら、色んな物を見て、触れて・・・と、
五感をフルに刺激してあげればあげるほど、
夜はぐっすり眠るように感じます。

「外に出てお散歩する」というのは、
とっても大事なんだなと感じました。

広告を非表示にする