読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SE主婦、母になる。

一児の母になったアラサー主婦が、日々の暮らしのことを綴ります。

家事のゴールを決める

家に帰ってきて、ドアを開けると、一番最初に目に入るのが玄関。 疲れて帰ってきても、ほっと出来るように、急に宅配便が届いても慌てないように、玄関は綺麗に保ちたいと思っています。 「玄関に綺麗にする」という家事タスクを毎日こなすことを目標にして…

家にいるほど家事が増える。専業主婦は忙しい。

育休を取っていたときのこと。 仕事に行かないので、家でご飯を食べる。 家でご飯を食べるために、台所に立ってご飯を作る。 ご飯を作ると、洗い物が増える。 一日中、子どもの面倒を見る。 子どもは家中のものをひっくり返す。 家にいると、片付けないとい…

洗濯の効率化

乾燥機能付き洗濯機が我が家に来てから、洗濯はかなり楽になりました。 が、もっと楽をしたくなってしまうもので、「洗濯物を干す」という作業から開放されると、今度は「洗濯物をたたむ」という作業が面倒になってきました。 そこで、洗濯物をたたむ作業に…

主婦のやる気スイッチを探せ!

家事って面倒。 お給料がもらえるわけでもないし、ちゃんとやっていて当たり前。出来ていなければ落第点。やるのもストレス、やらなくてもストレス。 でも、家事が楽しい!ってときもありませんか?やる気が出れば行動できて、成果が見えれば楽しくなります…

我が家のお掃除大臣。

我が家の長男(1歳)は、最近コロコロクリーナーがお気に入り。 カーペットやソファや、畳の上までコロコロしてくれます。 私は、「おそうじありがと!」と言って、汚れた部分のテープを剥がすだけ。 彼が移動すると、その周辺のものがひっくり返されて嵐の…

洗濯乾燥機を買って良かったこと3つ

ちっちゃい家族が増え、引っ越しをすることになりそれに合わせて洗濯機を買い換えました。 買い換えるとなれば、やっぱり乾燥機能付きです。 そんなに安くはありませんが、買ってよかったです。 そこで、洗濯乾燥機を買って良かったことを3つご紹介します。 …

エプロンは主婦の制服。

エプロンを付けると、「主婦スイッチ」が入る気がします。 お皿を洗うとき、エプロンをしていないと落ち着かないし、エプロンのままソファに座っても、何となく休んだ気になれません。 家事をするときに服が汚れないようにするという機能性に加え、気持ちを…

食器洗いを楽にする、7つのルール。

その1:包丁、まな板はすぐ洗う。 献立を決めたら、まずはすべての材料を切ってしまいます。 葉野菜 → 根野菜 → お肉 といった感じで、まな板が汚れにくいものから切っていきます。 切ったものはバットに入れて、 包丁とまな板をささっと洗えば、 作業スペー…